d0149617_8111522.jpg
小倉駅に到着しました。
JRの改札出てびっくり。目の前にモノレールが見えます。

d0149617_812419.jpg
夜の小倉をお散歩する訳にも行かず(お散歩しないでお食事しました。これも別編で♪)、
エアポートバス乗り場に向かいます。

d0149617_8122363.jpg
バス乗り場はかなりの人で溢れていて、「乗れなかったらどうしよう。。。」と思ったほどでしたが、実際に空港行きのバスに乗り込んだのはその中のごく一部でした。

d0149617_8125993.jpg
またまた各駅停車のバスでしたので、小一時間かかって北九州空港に到着です。

d0149617_8131326.jpg
小倉祇園太鼓???
お祭りの山車か何かでしょうか???
早めにラウンジに行きたかったので(笑)、写真を撮って終了です。

d0149617_8133238.jpg
カード会員用のラウンジです。
JALは平会員ですので、クレジットカード会員用のラウンジがありがたいです♪

d0149617_8134731.jpg
ソフトドリンクは飲み放題(???)ですが、ビールは有料でございます。

d0149617_814139.jpg
今回は往復ともこちらの機材にお世話になりました。
小型の最新鋭機ですよね???
ジャンボから小型機にシフトして行くのでしょうか。。。

d0149617_8141487.jpg
d0149617_8142167.jpg
搭乗ゲート前の座席です。
全体的に落ち着いた色合いがステキです。

d0149617_8143869.jpg
さて機上のヒトとなりました。

d0149617_8145316.jpg
帰りは定刻通り出発出来ました。
CAさんも「ご協力ありがとうございました。」とアナウンスしていました。

d0149617_815126.jpg
d0149617_8152139.jpg
機内がとっても明るいので、ステキに見える上空からの景色が上手く撮れません。。。

d0149617_8153626.jpg
あっと言う間に羽田空港に到着しました。

日帰り旅、か・な・り楽しいです♪
たっ1日でもいろんな事が出来ます。
何だか癖になりそうです(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪
[PR]
d0149617_815089.jpg
「レトロハイマート」31階にあります「門司港レトロ展望室」から見た関門橋と下関です。
夜景もきっとステキでしょうね。。。

d0149617_8153898.jpg
展望室でゆっくり休憩出来ました♪
「門司港レトロ」と呼ばれる門司港駅周辺を歩いてみましょう。

d0149617_815507.jpg
こちらは展望室の向かいにある「国際友好記念図書館」です。
図書館は2階で、1階はレストランが入っているのですね。

d0149617_816293.jpg
「た、大変!!!」


はね橋があがっています。

d0149617_8162370.jpg
「ブルーウイングもじ」です。
日本で唯一の歩行者用はね橋で、跳ねた状態を目撃出来るチャンスは1日6回だけなのです。

d0149617_8163820.jpg
「えっ、君。。。」


どんな立派な船がやってくるのかとワクワクしておりましたら、現れたのは小型のボート。。。

d0149617_817490.jpg
はね橋さんも呆れて(???)半分閉じてしまいました。

d0149617_8171612.jpg
でも、雰囲気があって意外とステキな光景でした♪

d0149617_8172794.jpg
そして橋は下り、人が渡れるようになります。

d0149617_8174535.jpg
そんなことから「恋人たちの聖地」にも認定されているようですよ。
(「誰が認定してるんだろう。。。」)

お互い橋のあっちとこっちに別れて立って、橋が下りるや否や駆け寄って手に手を取り合うのでしょうか。。。
ご興味のある方はぜひ。。。

d0149617_8185198.jpg
さて気を取り直しまして(???)こちらは1917年(大正6年)に建てられた「旧大阪商船」です。

d0149617_819799.jpg
当時は大陸航路の待合室として使われたこの建物、

d0149617_8191967.jpg
今はギャラリーとして使われているようです。

d0149617_8193389.jpg
d0149617_8193881.jpg
雛人形さん達が飾られていました。

d0149617_8195180.jpg
明治時代のお二人は随分とシャープな印象です。

d0149617_8202932.jpg
そのお隣には「旧門司三井倶楽部」があります。

d0149617_8204257.jpg
「このあたりには随分、見ごたえのある建物が多いなぁ。。。」
と思っておりましたら、こちらの建物は1900年に移築されたとの事です。

d0149617_829665.jpg
通りの向かいには何だか重厚感のある建物が。。。

d0149617_8211099.jpg
JR九州第一庁舎(旧三井物産門司支店・昭和11年)
コーネル大学卒で、福岡県出身の松田軍平の設計。合理性を追求したアメリカ式オフィスビルで当時九州一の高層建築であった。国鉄が分割民営化されるまでは国鉄九州総局として使用されていた。


d0149617_8213343.jpg
門司港駅に戻ってきました。

d0149617_8214474.jpg
空港に向かう前に駅舎の中も歩いてみましょう。

d0149617_8222359.jpg
外観だけでなく中も雰囲気がありますね。

d0149617_8223768.jpg
d0149617_8224351.jpg
赤い車に赤い人力車。。。

d0149617_8544238.jpg

それに赤い列車です。
九州人は赤がお好きなのでしょうか。。。

d0149617_8515516.jpg

d0149617_823139.jpg
「あれっ。。。」

d0149617_8234140.jpg
「ボク、ミッキー♪蛇口をひねると水が出るよ!!!」


なんて妄想をしながら

d0149617_824169.jpg
列車に乗り込みました。

d0149617_8241642.jpg
ソファも赤。。。
しかも、何故かヒョウ柄です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪
[PR]
d0149617_817295.jpg
赤間神社からバスに乗り込み、御裳川(みもすそがわ)バス停で下車しました。

d0149617_818015.jpg
d0149617_818926.jpg
「みもすそがわ川公園」です。

d0149617_8182614.jpg
ここはかつて源氏と平家が戦った、あの「壇ノ浦の合戦」の舞台だったのですね。

d0149617_8191577.jpg
d0149617_8192465.jpg
公園内には幕末に使われた砲台の跡と長州砲のレプリカ(お金を入れると煙と音が出ます(笑))も展示されていました。

d0149617_8195249.jpg
そろそろ対岸に行ってみましょうか。

d0149617_8201460.jpg
なんと関門海峡は歩いて渡れてしまいます。

d0149617_8204858.jpg
海底トンネルです。
徒歩約15分で九州に行くことが出来ます。

d0149617_823565.jpg
走っている方々を良く見かけました。
「今日はトンネル何往復!!!」なんてトレーニングでもしているのでしょうか。

d0149617_8234396.jpg
県境です。
手前が本州、奥が九州です♪
ここだけ人口(観光客)密度高いです(笑)。

d0149617_8235528.jpg
まだまだ続きます。

d0149617_824897.jpg
全長780mゴールです♪

d0149617_8243067.jpg
地上へはこのエレベーターで上がります。

d0149617_8244781.jpg
九州側から先ほどまで歩いていた下関を眺めます。
盛り沢山でしたねぇ。。。

d0149617_825749.jpg
大きな橋の下を通る貨物船は

d0149617_8252348.jpg
何だか小さく見えます。

d0149617_825462.jpg
こちらは「ノーフォーク広場」です。
北九州市とノーフォーク市(アメリカ合衆国)は姉妹都市で、それにちなんで名付けられたそうです。

d0149617_8264938.jpg
本当はここからバスに乗って門司港レトロ地区に向かいたかったのですが、バスは1時間に1本程度、トロッコ列車はオフシーズンのため運休との事で、歩くしか方法はありませんでした。
(どうりでこの辺りで観光客を見ない訳です。)

d0149617_8273095.jpg
頑張れ、頑張れ。。。

d0149617_8274630.jpg
門司港レトロ展望室が見えてきました。
でも、まだ遠そうですね。。。

d0149617_8275918.jpg
右端に写っているのは運休しているトロッコ列車の線路です。

d0149617_8281176.jpg
もう少しかな。。。

d0149617_8282561.jpg
振り向けば、関門橋です。
橋が大きいから近くに見えそうですが、結構歩いたんですよ。。。

d0149617_8285548.jpg
「つ、着いた!!!」


目指していた「門司港レトロ展望室」です。
とりあえず、休憩しましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪
[PR]
d0149617_22244939.jpg
1月の京都に引き続き2月もまたまた日帰りで出掛けてみました。

d0149617_22252029.jpg
いつもの(笑)クレジット会員用ラウンジでいつものクロワッサンをいただき、

d0149617_22253915.jpg
空港内をちょっとお散歩です。

d0149617_2225566.jpg
本日の行き先は北九州です。
福岡空港ではなく、北九州空港を選ぶのが、なんとも渋い(???)です。

d0149617_22261011.jpg
搭乗の時間となりました。

d0149617_2226454.jpg
何故か(???)本日の羽田空港は非常に混雑していて検査場は行列になっていました。
そのせいか定刻になっても搭乗は完了せず、結局約30分遅れとなってしまいました。

d0149617_22273442.jpg
「ま、急ぐ旅でもあるまいし。。。」


と言う訳にもいかないのです。なにしろ日帰りですから。。。

d0149617_2228548.jpg
下関でランチの予約をしているので、この30分の遅れがどう響くか心配です。。。

d0149617_2228276.jpg
羽田から北九州へのフライト時間は約1時間半です。

d0149617_22284343.jpg
そのためか、機体が小さくて乗客が少なめのためか、CAさん達も少しゆとりがあるように見えます。

d0149617_22292238.jpg
30分ディレイはしたものの、結局は定刻より10分ほどの遅れで北九州空港に到着となりました。

d0149617_2231259.jpg
なんとか遅れを取り戻せるかな。。。

d0149617_22311551.jpg
「さようなら、メーテル。。。」


あのメーテルが色々教えてくれるらしいのですが、時間がありません。

d0149617_22314260.jpg
空港バスに乗り込みます。

d0149617_22315763.jpg
天気が良くて青空が気持ちがいいです。

d0149617_22322445.jpg
バスは満席でした。
驚いた事に補助席まですべて埋め尽くされていました。

d0149617_22331860.jpg
小1時間で小倉駅に到着です。(ノンストップ便なら約30分程です。)

d0149617_223446.jpg
かなり大きな駅ですね。

d0149617_22342062.jpg
小倉駅から門司港駅までは270円です。

d0149617_22344247.jpg
発車時間寸前でした。
それでもあわてて1枚だけ写真を撮って乗り込みました。

d0149617_2235089.jpg
広々とした車内です。

d0149617_22351369.jpg
門司港駅に到着しました。

d0149617_22352755.jpg
「ま、まぶしい。。。」


このレトロな駅舎はローマのテルミニ駅を模しているらしいのです。
確かに、駅舎から何本もプラットホームが伸びている様はそんな雰囲気があるような気もします。

d0149617_22362281.jpg
駅近くにある「マリンゲートもじ」から連絡船に乗船し、関門海峡を渡ります。
(船で海峡を渡るって、まるでイスタンブールみたいですね。)

d0149617_22363664.jpg
下関行きは20分に1本ですね。
巌流島行き(クルーズ)もあるようです。

d0149617_22373091.jpg
「・・・。」


ぜったい、この船ぢゃないよね。。。
気分は勝手にイスタンブールなんだから、ホントお願いしますね!!!

d0149617_223826.jpg
右手には門司港レトロ地区のランドマーク、門司港レトロ展望室(建物の正式名称はレトロハイマート)が見えます。

d0149617_22391543.jpg
実際はこの船でした。
ちょっと大きくて一安心です。

d0149617_22394759.jpg
窓側をゲットしました♪

d0149617_2240371.jpg

門司港を離れます。

d0149617_22403863.jpg
中央奥にある白い橋が見えますか???あれが関門橋です。
(しつこいようですが、この辺もイスタンブールそっくりなんです。)
門司港から下関まではたった5分の船旅です。

d0149617_22423293.jpg
その間荒波に揉まれます。。。


おまけ画像です。
d0149617_11201170.jpg
イスタンブールのボスフォラス海峡です。
橋の左側がヨーロッパサイド、右側はアジアサイドです。
(2009年夏に訪れたイスタンブール。旅行記は一体いつになることやら。。。)


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑ブログ村に参加しています♪
[PR]